日本野鳥の会がツバメ現認情報を呼び掛けている

 
 
 
ツバメ見たら情報を 野鳥の会、全国に呼びかけ
2012年5月9日23時57分売国亡国・朝日新聞

 最近ツバメを見かけましたか――。日本野鳥の会は、愛鳥週間(バードウイーク)が始まる10日から、減少が心配されているツバメ情報の提供を全国に呼びかける。同会会長で俳優の柳生博さんが9日、環境省で記者会見して発表した。

 同会によると、ツバメ減少の背景として、エサ場である水田や巣作りができる日本家屋の減少、天敵であるカラスの増加が考えられるという。アンケートでは、身近に見かけたツバメの数の増減や、自然環境の変化などを聞く。生息環境の変化などを把握し、保護につなげることが狙い。

 同会ウェブサイト(http://www.wbsj.org/)で、7月末まで実施する。柳生さんは「ツバメが機嫌よく暮らしていける環境かどうか、調査をきっかけに考えてもらいたい」と話す。

--------------------------------------
 
公益財団法人 日本野鳥の会
http://www.wbsj.org/
 
特設ページ 消えゆくツバメを守ろうキャンペーン
http://www.wbsj.org/nature/research/tsubame/

一般調査:私の町のツバメ情報
http://www.wbsj.org/nature/research/tsubame/survey1.html
 
ヒナを拾わないで!!キャンペーン
http://www.wbsj.org/activity/spread-and-education/hina-can/


--------------------------------------

(コメント)

子供の頃、軒下にツバメが巣をよく作っていたのを覚えている。

昨年、某所の歩道を歩いていると倉庫の軒下にツバメの雛が二羽落っこちているのを現認した。

昨年、某所マンションの入り口軒下にツバメが巣を作っているのを現認した。某所、民家の軒下にツバメが巣を作っているのを現認した。

昨年、某店舗の入口の軒下にツバメが巣を作っていたのを現認したが、翌日と思ったが同店舗に行くとその巣は無くなっていた。入り口で糞が落ちるので、同店舗が巣を撤去したと考えられるが、親ツバメは飛べるのでいいが、ツバメの雛はどうしたのだろうかと思った。
スポンサーサイト

大須観音(名古屋市中区大須)にいたカラスの子

別格本山 後村上天皇勅願所
「北野山真福寺寶生院(きたのさん しんぷくじ ほうしょういん)」 
(第96代 後醍醐天皇が寺号を賜る)  
(俗称)大須観音

http://www.osu-kannon.jp/
愛知県名古屋市中区大須2-21-47



1112.jpg

1113.jpg

1114.jpg

スズメ、20年で6割減少か 都市部での子育て難しく

03fc1880-s.jpg

国内のスズメの個体数が過去約20年間で約6割も減ったとする報告を立教大と岩手医科大のグループがまとめた。

環境省の委託を受けた山階鳥類研究所が全国で実施している鳥類標識調査のデータをもとに推定した。

立教大の森本元(げん)研究員と岩手医科大の三上修助教は、近年、指摘されているスズメの減少傾向を探るために、足輪を付けて移動経路を調べる鳥類標識調査に着目した。

この調査では特定の場所に来た鳥をすべて捕獲するため、つかまえた鳥の中のスズメの割合の変化をみることで、増減の傾向を突きとめられると考えた。

1987年から2008年まで調査を継続していた全国31カ所の標識ステーションのデータを調べると、全体では毎年7万羽前後の鳥がつかまえられてきたが、スズメは当初の4千羽前後から最近は1千羽前後に減った。割合では、全体の6%だったのが2%以下になった。

さらに、各地の傾向を総合的に解析、周期的変動なども考慮して検証したところ、スズメが21年間で約6割減少したという結果が得られた。

http://www.asahi.com/science/update/1116/TKY201111160153.html売国亡国朝日新聞

大日本皇國野鳥研究会

名称
 大日本皇國野鳥研究会

目的
 本会は、皇御國・豊葦原瑞穂の國・神州日本と、皇御國に生息する野鳥との関係、皇御國に生息する野鳥を研究し、古より連綿と続く自然豊かな麗しき敷島の大和の國を護持せんとし、奈良の橿原の地で御即位あそばされた 初代神武天皇様神武朝より、萬世一系連綿と続く皇統を護持、國體を護持し、天地の神々、八百万の神々、皇祖皇宗の御神霊を尊崇し、皇祖皇宗の大御心を奉戴し、 畏くも 天皇陛下を奉戴し、皇御國を護持、発展、隆盛せんとし、日本民族の麗しき悠久の営みを護持せんことを目的とする。

設立
 皇紀2671年(平成23年)5月15日
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。